【朗報】実家暮らし、やはり最強だった・・・「40歳で3000万円貯めた男 毎月の支出は7万円のみ」

生活

~(略)~

40歳で3000万円貯めて年収200万円で半隠居

 貯蓄3400万円超の浅野武さん(仮名・44歳)は、年収500万円の電機メーカーの正社員を経て、現在は年収200万円の介護ヘルパーとして働いている。サラリーマンを辞めたのは40歳の時だが、その時点で3000万円のキャッシュを保有。年収が200万円になってからも、月6万円前後のペースで増やし続けている。

「思い返せば、小学校低学年の頃から母親にお小遣い帳をつけるよう教育されていた影響だと思います。常に“お金の流れ”を把握する癖がついているんですよ」

 蓄財の過程で34歳の時に親の持ち家を相続し、家賃がゼロなのも大きい。だが、それを差し引いても毎月の支出が7万円とは驚きだ。

「毎月1日に財布の中が4万円になるように設定しています。余ったら翌月分に回し、不足分は補充。これ以外は絶対に引き出しません。他にはカード払いの携帯代、水道光熱費、ガソリン代、タバコ代が3万円あるだけです」

 自然と買うものも厳選される。
 
~(略)~

全文はソースで↓
https://nikkan-spa.jp/1566521

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }
続きを読む

Source: ライフハックちゃんねる弐式

コメント